ダークイレギュラーズと宣伝

どうも、リクです。

 

今回は第2回魔王杯の宣伝とついでに関西で使ったダクイレについて語り賢者しようと思います

 

まず宣伝からですが、6月17日(土)に大阪日本橋のカードラボなんば店様で第2回魔王杯を開催させていただきます

http://www.izazin.com/taikai/12942840

 

今回も被りなしトリオになります

また、シングルエントリーも受け付けていますので、チームが組めないって方でも安心!簡単に出られちゃいます。アドですね

シングルエントリーは僕のDMに使用可能クランと名前を送りつけるだけです、非常にシンプル

 

そして今回の魔王杯は、トリオですがなんと8位まで賞品を出す予定です!!

しかも賞品の商品券ですが、VG以外にも使えて、プレミアサプライにも使えるちょっと強めの商品券です

非常にアドですね、僕も出たいです

 

時期も新弾発売の翌週となっており、新環境でアツイ戦いが見られるかと思うとワクワクしてます、僕も出たいです。

 

色々な人にCSの楽しさを知ってもらえるように運営頑張りますので周りの人を誘ってきてください!!

 

ということで6/17は大阪で魔王杯です、登録は是非お早めにお願いします!!

よろしくお願いしますm(_ _)m

http://www.izazin.com/taikai/12942840

 

 

次は関西で使ったダクイレの語り賢者します

結果は3位でした。

構築はこちら

 

f:id:rikuebi12:20170522104819j:image

■グレード3

ブレイドウイングサリヴァン ×4

 

■グレード2

フライングライブラリアン ×4

愛着のサキュバス ×3

デモンテッドエクセキューショナー ×3

グヴィンザリッパー ×2

 

■グレード1

ヴェアティーゲルイェーガー ×4

ディメンジョンクリーパー ×4

貪欲のサキュバス ×2

純愛のサキュバス ×2

ブラッディカーフ ×1

 

■グレード0

エニグマティックアサシン ×4

ヴェアフレーダーオルドナン ×1

悪夢の国のモノクローム ×4

専門医ヴィンセント ×4

ヒステリックシャーリー ×4

悪夢の国のマッドハッター ×2

悪夢の国のダークナイト ×2

 

■グレード4

ブレイドウイング ティボールド ×4

忌まわしき者 ジルドレイ ×2

罪深き者 シャルハロート ×2

大魔神 ソウルレスデマゴーグ ×1

絶対零度の柩 ラトランド ビトレイ ×1

シブリーズ ×1

断絶の医学 ヴィンセント ×2

夜陰の紳士 サンジェルマン ×2

偽りの闇翼 アグラト バト マラト ×1

 

各グレードの採用理由等について

○グレード3

語る必要はないと思います

サリヴァン軸なのでサリヴァン4です

 

○グレード2

・ライブラリアン

4確カードだと思います

ダクイレ故に許された超絶パワーカードです

 

・愛着のサキュバス

今回の構築が長期戦を見据えたものであるため、中盤以降ソウルの微調整とハンドの質向上に役立ちます

パーツカード(ライブラリアンやモノクローム)を引き込みにいったり、ガード値を引きにいけるのでなかなか強力です

またソウルの1枚単位での調整をこれとクリーパーで行うことが多いです

現状3ですが、山を削りすぎる、発動条件に深闇がある等デメリットもあるため2枚でもいいと思います

 

・エクセキューショナー

7枚みて深闇1枚ソウルインの効果がとても強いです

このデッキでは主に

イェーガー

アサシン

完全

の3枚を状況に応じて入れることがほとんどです。アグロ系対面で序盤にイェーガーを入れられると、自身のインターセプト分とドロー分でガード値を稼げる上に殴ると相手の札も取れるので非常に役立ちます。

後は上の効果で打点を挙げられる点も非常に良いです。詰めのターンで役立ちます。

 

・グヴィンザリッパー

レシピを上げた時に結構反応がありました

グヴィンザリッパー採用理由としては

・現環境クランに焼きが刺さりやすい

・GBが付いていない焼きなのでアグロ系に対して超越までに盤面に干渉できる

・CBが余りやすく、CB2という重めのスキルだが現実的に打てる場面が多い

というのが主な理由です

まず環境クランに対してですが、ギアクロニクルはこちらの耐久に対してティックアウェイを用いて山を回復しつつ強力な山を作りネクステージで襲ったり、GB8で襲ってきたり、チクタクを山に返してCBを使わない連パンで襲ってきます。ティックアウェイを焼けるとそれだけで相手の山回復を阻止し、パーツを山に返す手段を減らすことができるので、相手の動きを阻害することができます。また、盤面に置かれたギアキャット、帰ってきたメラムや手出しのヒストリー等をピンポイントで焼けるので立ち回りやすくなります。

ルアードはベリアル等ボーナスでアドを稼がれるカードを焼けたり、次のターンのCB回復用のアビサルを焼けたりするので相手のリソースを奪うことができます。初回までにFVを焼けることがあるのもオシャレです。

リンクも展開に手出しが多いので特に後列の有能カードを焼いていくと刺さります。

ナイトローゼに関しては、リリーをケアするためにメインで後列等を焼いてGB2を不発させるために使います。ダクイレ相手にローゼ側は盤面を残すことがほとんどですので、キルターンにあるのとないのでは要求が大きく変わります。

アグロ系、特にサンクにおいてはGBまでで焼けるのが強いです。1枚で2枚取れるのは魅力的ですね。

 

CBが余るのは、スタンドの猫が強すぎてCBが余ります。また他で使うのもイェーガーくらいなのでかなり現実的です。

 

以上長々と語りましたがリッパーの採用理由です。新規でコスト軽い焼きください。

 

○グレード1

・ イェーガー

何故かは良くわかりませんが全部GBが付いてません。やり過ぎですね

コストにもなってソウルインでCB1、1ドロー。更にはソウルから回収もできるハイパーパワーカードです。最強なので4枚入れてます

 

・クリーパー

CBを使わずソウルを増やせる、1枚単位で調節できる、デマゴターンの要求を上げられる等万能カードです。欠点として山を2枚掘ってしまうので、あまり考えずに使うと後に響きます。

 

・貪欲のサキュバス

ソウルから回収可能な深闇持ちの完全です

2枚なのは使ってもティボールドで山に返して、ソウルに入って回収といったように使い回せるのと、そもそも完全を打たなくても守れることが多いので削ってます。ただ、サンク対面はどうしても初回までに欲しいので少し増やしたい気もします。

 

・純愛のサキュバス

コストです。イェーガーが初回から打てることも多いので削ってます。

 

・ブラッディカーフ

g1版のリッパーです。焼ける範囲はg1以下になっています。焼きの採用理由はリッパーの欄で語りましたが、カーフにしかない役割としては

完全ガードの退却コストになる

ブースターとして打点を上げられる

という点があります。また、環境で焼きたいカードのほとんどはg1以下なので範囲も誤差です。

 

○グレード0

・アサシン

デマゴアサシンと言われているコンボのパーツでもあります。GB8でも強力です。4枚です

 

・FV

オルドナンツです。他も考えましたがデマゴするときも1体で3枚ソウル分になる、1ドローできる等の利点からこれになりました。

 

・トリガー

リソースを補うためにドロー多めです。5kガードも超越後はサリヴァンスキルで気になりません。☆2枚の理由は、ゲーム中見えるだけで相手に意識させることができるからです。☆の効果も強く、山を削らずソウルを増やせるカード、1枚単位で調節できるカードです。

 

○グレード4

・ティボールド

4確です。サリヴァン軸で4以外の人とはおそらく分かりあえません。15枚以上の時の万パンプで決めにいく時もあります。

 

・ジルドレイ

強いですね。枠の関係と2回打ちたい場面がなかったので2枚です

 

・シャルハロート

10枚以上でアタック時リア吸い込んで相手を全焼きです。発動条件に深闇があるので注意です。ギアルアードリンクに対して強く、長引いたサンクとの試合でも役立ちます。2回打ちたい場面があるので2枚です。焼きは強いです

 

デマゴーグ

デマゴアサシンですね。強いです。サブプランにしてます。人生めちゃくちゃにします

 

・ラトランドビトレイ

GB8です。決まればほぼ勝ちです。発表当初は26枚以上にする考察とか結構見ましたが、13枚でも相手ほぼ死んじゃうので気にしなくていいと思います。普通にできそうなアサシンソウル2枚、ソウル17枚、両列16k(万要求)で殴った場合

横29000 2万要求

横29000 2万要求

アサシン33000 2万5千要求

アサシン33000 2万5千要求

V 39000 3万要求

これで 最低120000要求ですかね

ここにトリガーやスタンドすると3万要求追加、更にアサシンが一枚増えるごとに2万5千要求追加です。エクセキューショナーや☆でパンプしてると微妙に上がります。あ、全部☆2です。強いですね。スタンドは山に返せます。

 ティボールド3回とGG表にするの2回で8を目指すことが多いです。山が怪しい時はティボールドで1回山リフレッシュターンを作ります

 

・ヴィンセント

激強です。まず表にできるのでGB8を目指せます。効果のSCとヒールのソウルに入る分でサリヴァンのコスト消せるのも連パンクランにはありがたいです。ソウル15枚だとこれ1枚でVが5万1千まで上がります。硬すぎる。

こいつのおかげでルアード戦でシャルハロート打っても返しのPBDをケアできる場面が多いです

 

・サンジェルマン

10枚以上での2万5千ガードがやはり硬いです。15枚以上でガーディアン、V、リア全てに抵抗付与します。次元ロボにぶち抜かれません。またリアにも抵抗がつきます。バトル中焼かれたくない時に使いましょう

 

・アグラト

お手軽2万ガードです。イェーガー入ったらドローできるって書いてましたができません。訂正ですすいません🙇

 

以上、長々と語りましたが各グレードごとの採用理由になります。

 

次に結構言われたサイクス入ってないの?とかの不採用カードについて軽く説明します。一応色んなレシピに入ってるカードはほぼ全て試しました

 

○サイクス

ほとんどのレシピに入っていますが、今回の構築には入っていません。ちなみにブレイドウイングを考える時に一番初めに抜いたカードでもあります。理由は僕がデマゴアサシンをメインにしていないのと、単純に強くないからです。

デマゴアサシンのコンボをメインにして、ただそれを狙うデッキなら4枚のカードだと思います。ただ、デマゴアサシンには欠点も多く、そもそもアサシンが入らないといけないという点や継続してソウルチャージをし続ける札を握らないといけないという点から安定性に欠けると思います。CSでは安定した勝利が求められ、GB8の追加もあり耐久型はより安定し、現環境に十分通用すると思うのでその型にしています。

デマゴアサシンだけするなら僕はサンクを使います。

効果は登場時にSC1とソウルでのクリーパー効果。他のG2の方が断然強く、ソウルでの効果は山を掘りすぎることが多いので僕は抜きました。異論は認めます。もう一度言いますがデマゴアサシンだけするデッキなら採用します。

 

○トラジッククロー

ブースターになる能力は強力で打点を生み出します。同じ列登場時にSCの効果も便利です。

しかし耐久をメインにした時にハンドアドバンテージや盤面を多くとれるカードを優先したいので抜けました。

 

○フリートラベラー

CB1で山から好きなカードをソウルに入れることができます。舞姫と同じ効果ですね。

アサシン、クリーパー、イェーガー、完全など好きなカードを確実に入れられる、その上GBもついてなくてVでも使えます。途中まで入れてましたが、役割の大きさを比較してリッパーに変えました。デマゴ型ならめちゃくちゃ強いと思います

 

こんな感じです。色々調整して入れたカードが当日しっかり役割を果たしてくれたので良かったです。

 

耐久型ですが、勝つために何個かプランがあって、状況に応じて選択しています。それに合わせて構築も組んでたりします。今度書くかもしれません。

 

意見、質問等もしありましたらツイッターのリプやDMで送ってもらえると対応します!

 

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました

最後にもう一度、6/17魔王杯お願いします!

http://www.izazin.com/taikai/12942840